ProRenderでのモアレの改善方法


by Syuya Mukai

6月 13, 2020

レンダラー問わず、レンダリングした際に、モアレが出る場合があります。

特に連番、映像でレンダリングした際は特に気になる場合があると思います。

今回は、AMD Radeon™ ProRender for Maya® にてモアレの対処方法、改善方法を紹介します。

モアレの改善方法

「Render Settings」から「Smapling」タブ、「Anti-Aliasig」の「Filter Size」の数値を大きくすることで、ほとんどの場合は改善します。

Filter Size

ただし、数値が高くなるほど、ディテールが失われ、ボケた絵になることに注意してください。

以下は「Filter:Mitchell」で数値を変えた例です。

Filter Size: 1.5(デフォルト)

Filter Size: 1.5(デフォルト)

Filter Size: 3

Filter Size: 3

Filter Size: 6

Filter Size: 6

また、レンダラーに限らず、ハイディテールのテクスチャにモアレが見られる場合は、そのテクスチャの解像度を落とすことで改善することもあるので、試してみてください。

 

※このブログは向井秀哉氏に寄稿頂きました。