【2020】Blender(ブレンダー)の使い方を日本語でわかりやすく解説


by Syuya Mukai

9月 12, 2020

無料で初心者でも導入しやすいCG制作ソフトBlender(ブレンダー)。

「いろいろなことができるみたいだけれど、情報が多すぎていまいちどうすれば良いのかわからない」という方も少なくないかと思います。

そこで、3DCGで制作した画像を出力するまでの簡単な流れを通してBlenderの使い方を紹介します。

Blender(ブレンダー)とは

Blender

画像引用元:Blender.org

 

Blender(ブレンダー)は3DCG制作ができる統合3DCGソフトです。

オープンソースであるため、誰でも無料で使用することができます。

 

近年では、急速に発展しているため、プロ向けの3DCG制作ソフトのMayaや3dsMaxなどにも勝る機能が豊富に備えられています。

誰でも無料で気軽に利用できるため、インターネット上に情報が多くあり、初心者でも導入しやすい3DCGソフトです。

また、オープンソースなのでプラグインなども開発しやすため、サードパーティーの便利なツールも豊富です。

 

Blenderの開発は、Blender財団という非営利団体が行っています。

MicrosoftやAMD、NVIDIA、Google、Epic Gamesなども開発資金の支援を行っており、注目のソフトの一つです。

一般的なCG制作の流れ

一般的な映像や静止画でのCG制作は大まかに次の流れで行っていきます。

これらの作業は全てBlenderのみで行うことができます。

  1. モデリング:ものを造形する工程
  2. アニメーション:モデリングしたものにアニメーションを付ける工程
  3. マテリアル作成:モデリングしたものに色や質感をつける工程
  4. ライティング:ライトを使ってCG空間を照らす工程
  5. レンダリング:CGソフトにマテリアル作成やライティングをした結果を計算させて、画像として書き出す工程

Blender(ブレンダー)のインストール

この記事では、実際にBlender(ブレンダー)を使って画像を出力するレンダリングまで行ってみます。

そのため、まだBlenderをインストールしていない方は、次の方法でインストールしてみてください。

 

まず、Blenderは公式ホームページからダウンロードすることができます。

リンク先で青色の「Download Blender [バージョン]」をクリックすることでダウンロードが始まります。

Blenderのダウンロード画面

macOSやLinuxなどの場合は、下の「macOS, Libux, and other versions」をクリックして、該当するものをダウンロードします。

あとは各OSの指示に従って、インストールすれば完了です。

Blender(ブレンダー)のUIの日本語化

Blender(ブレンダー)では、UIを日本語化することができますが、あまりおすすめはしません。

海外の方が圧倒的に情報が多いため、英語の説明だとどのボタンを指しているのかわからないということになるためです。

英語でも慣れてしまえば、まったく苦にはならいでしょう。

 

それでも「英語は……」という方は、次の方法で日本語にすることができます。

1. 左上のメニューから「Edit」→「Preferences」を選択します。

「Preferences」を選択

2. Blender Preferencesウィンドウの「Interface」で「Translation」にチェックを入れます。

「Language」を「Japanese(日本語)」にし、「Tooltips」と「Interface」にチェックを入れます。

「Tooltips」と「Interface」にチェックを入れる

Blender(ブレンダー)の画面の見方と基本操作

実際に使ってみる前に、画面上の各ウィンドウが何を表しているのかと、基本的な操作を説明します。

画面構成

Blender(ブレンダー)の画面

①Info

ファイルの保存や設定、レンダリングに関する項目がここに並んでいます。

また、ModelingやAnimationなどのタブを切り替えることで、それにあったウィンドウ構成に変更されます。

②3D View

四角形のオブジェクトやカメラ、ライトなど3D空間上のものがここに映し出されます。

基本的にこの3D View上で形状などの見た目を操作、確認しながら作業していきます。

③Timeline

アニメーションの追加や編集などを行うのに使用します。

例えば、キーという目印を打って、1秒の時にA地点、5秒の時にB地点というのを登録することで、5秒間でAからBに移動するアニメーションを付けることができます。

④Outliner

3D空間上にあるものが階層構造で表示されています。

3D空間上でオブジェクトやライトを選択することもできますが、複雑なシーンになると選択が難しくなってきます。

そういったときにOutlinerで整理しておくと、瞬時に目的のものを選択できますし、空間上に何があるかがわかりやすくなります。

⑤Properties

オブジェクトの位置や回転、拡大縮小を細かく設定したり、オブジェクトやカメラ、ライトなど選択しているものの、情報表示されたり、細かい設定をここで行うことができます。

タブを切り替えることでレンダリングの設定なども行うことができます。

基本操作

3DView上で基本操作を紹介します。

マウス操作

マウス操作で3DView上で自由に動かせるようになることが最初のステップです。

  • 右クリック:オブジェクトの選択などができます
  • 中ボタン:カメラの回転操作ができます。また、マウスホイールでカメラの前後移動ができます。
  • Shift+中ボタン:カメラの平行移動ができます。

オブジェクトの操作

オブジェクトの操作は、主に「選択」「移動」「回転」「拡大縮小」の4つです。

選択

オブジェクトを選択するときは、以下の画像のマークを選択した状態で、オブジェクトをクリックすると選択することができます。

また、このマークを長押しで、選択の仕方を変えることもできます。

選択

移動、回転、拡大縮小

上から2番目の十字のようなマークが移動ツールです。

その下が回転、更にその下が拡大縮小をするツールになります。

それぞれ選択すると、キズモ(ピボット)という赤、青、緑の矢印などが表示され、これを操作することで移動などの各操作ができます。

移動、回転、拡大縮小

Blender(ブレンダー)の使い方:例に沿ってレンダリング画像を出力してみよう

簡単な例に沿って実際にレンダリング画像を出力してみます。

オブジェクトの作成

①最初にあるCubeはShift+Xで削除します。

 

②Shift+Aを押し、「Mesh」→「Monkey」を選択します。

これはBlenderに元から入っている、3Dオブジェクトです。

通常であれば、Cubeなどからこういった形をモデリングしていきますが、今回はその作業を割愛して、このモデルを使っていきます。

オブジェクトの作成

③右側のプロパティのスパナのタブを選択し、「Add Modifler」→「Subsdivision Surface」を選択します。
ポリゴンが分割されて、少し滑らかになります。

Subsdivision Surface

④オブジェクトを選択した状態で、右クリックをし「Shade Smooth」を選択します。

さらに滑らかになります。

Shade Smooth

マテリアルの作成

マテリアル作成して、金属の質感を作ってみます。

①オブジェクトを選択した状態で、プロパティの下から2番目の赤いタブを選択し、「New」をクリックします。

「New」をクリック

②Principled BSDFというシェーダーを使ったマテリアルが作成されます。

たくさんのパラメータが並んでいますが、これらの数値を変更することでさまざまな質感を作ることができます。

 

今回は、Metalicを「1」、Roughnessを「0.1」にし、つるつるした金属にします。

Metalicは0のとき非金属、1のとき金属になります。

Roughnessは0のとき「つるつる」、1のとき「ざらざら」という質感を表現します。

Principled BSDF

ライティング

HDRIという画像を使用して、簡単にリアルなライティングをしていきます。

HDRI Havenというサイトで好きなHDRIをダウンロードします。

このサイトは無料で商用利用可なHDRIをダウンロードすることができます。

 

②プロパティの赤い地球儀のようなタブを選択し、「Color」の横の○ボタンをクリックします。

その中から「Environment Texture」を選択します。

Environment Texture

③「Open」をクリックして、ダウンロードしたHDRIを選択します。

レンダリング

マテリアル作成やライティングが完了したので、最後にレンダリングしてみます。

①プロパティでカメラのマークのタブを選択し「Render Engine」がEeveeに選択されていることを確認します。

Render Engineは他にもCyclesやサードパーティのRadeon ProRenderなどを使用することができます。

 

②Ctrl+テンキーの0を押し、Viewの「Look Camera to View」にチェックを入れて、カメラの位置を調整します。

Look Camera to View

③F12キーを押すと、レンダリング画像が表示されます。
これで静止画としてレンダリングするまでの流れが一通りできました。

「Image」→「save as」で画像を保存することもできます。

「save as」で画像を保存

効率的にレンダリングする方法

このシーンは軽いのですぐに綺麗なレンダリング画像が出力されましたが、もっと複雑なシーンになると、1枚あたり30分など計算時間も増えてきます。

さらに、今回は静止画として1枚だけ出力しましたが、動画になるとたくさんの枚数をレンダリングすることになります。

そうするとレンダリングだけで、途方もない時間がかかります。

 

そこで、クラウド型レンダリングサーバーの「Render Pool(レンダープール)」などを利用すると、クラウド上で短時間でレンダリングをすることができます。

RenderPool

クラウド型レンダリングサーバーは、インターネットの向こう側に数百台などのレンダリング用コンピュータが用意されており、レンダリングのスピードを大幅にアップできます。

私たちRender Pool(レンダープール)もレンダリングサーバーを用意していますので、レンダリングの効率化の一つの方法としておすすめです。

まとめ

Blender(ブレンダー)の使い方を例を実際の操作を通して紹介しました。

今回、紹介したのは、ほんの始まりに過ぎません。

Blenderでは、今回は紹介できなかった便利な機能がたくさんあり、このソフト一つでCG制作、映像制作ができます。

ぜひ素敵な作品制作にチャレンジしてみてください。

 

また、映像制作などする上で効率やコストも重要になります。

その際は、Render Poolでのクラウドレンダリングもお試しください。