クラウドレンダリングサービス「Render Pool(レンダープール)」Blender3.0のサポートを開始


by hoshino

3月 23, 2022

モルゲンロット株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO 井上博隆 以下モルゲンロット)は、3DCGソフトBlender3.0のメジャーアップデートに伴い、同社が開発・運営する「Render Pool(レンダープール)」でのサポートを開始致します。

Blender3.0 ではレンダラーCyclesXやAssetBrowser等多くの新機能を発表され、Cyclesでのレンダリングの処理速度は今回のアップデートにより高速化いたしました。
この機会にBlenderと併せて、Render Poolを是非ご利用下さい。

■RenderPoolについて
「Render Pool(レンダープール)」はGPUを内蔵した千台以上のサーバーを大規模並列利用することにより、超高速なレンダリングを可能にします。
従来は何時間もかかったレンダリングを大幅に時間短縮が可能になります。

レンダリング対象のデータファイルをブラウザからアップロードすると、自動で大規模並列化を実施。
各サーバーでレンダリングを実行、完了後に結果をダウンロード可能。
いつでも誰にでもどんな規模でも、あなたのレンダリング時間を最小限に抑えます。

【特長】
■1,000台以上の高性能サーバーが利用可能
■レンダリング時間を最小限に抑える
■レンダープールでは、一度に1,000フレーム以上のデータでも簡単にレンダリング可能
■ワンクリックでレンダープールにアップロードする事ができる
(一部制作会社さまなどにより使いやすくなるクライアントアプリを提供しております。)

Render Pool™オフィシャルサイト
https://jp.renderpool.net/

【モルゲンロット株式会社について】
「グリーンコンピューティングパワーで、デジタル社会のインフラを創造する」をミッションに掲げるスタートアップです。
私達は分散型処理技術をコアとし、再生可能エネルギーや余剰電力を活用するグリーンデータセンターを世界中に構築。
先端企業などへ最適な形で提供、人と地球にやさしいデジタル社会のインフラを創造します。