IBL


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

IBL(Image based lighting)は、現実世界のライティングを非常に簡単に高品質にシミュレーションすることができます。シーン環境として機能する仮想球体に環境マップを投影できます。投影されたマップは、シーン

Light/ ライト


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

AMD Radeon ProRenderは物理ベースのレイトレーシングレンダラーであり、非レイトレーシングレンダリングエンジンとは異なる方法でライトを処理します。 ラスタライズレンダラーは照明の効果を近似するだけですが、

Effects/ エフェクト


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

Effects/ エフェクトの設定は、アウトプットに追加の処理やエフェクトを適用する必要があるかどうかを規定します。 Motion Blur/ モーションブラー モーションブラーとは、通常の写真において、カメラの露出時間

Sampling/ サンプリング


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

サンプリング設定は、画質の主たる決定要因です。イメージをレンダリングするために、AMD Radeon ProRenderは、すべてのピクセルに多数のレイサンプルをキャストします。ピクセルに新しいサンプル値が追加されるたび

Quality/ 品質


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

AMD Radeon ProRenderには、最終レンダリングの品質を制御するための多数の設定が用意されています。 Final Render Ray Depth/ 最終レンダーレイ深度 イメージがレンダリングされると、イ

System/システム


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

System(システム)設定は、レンダリングに使用するハードウェアを選択するレンダリングモードなど基本的なレンダリング動作を制御しています。AMDのRadeon ProRenderでは、システムの設定は、最終レンダリング

Common(共通)パラメータは、レンダリング出力を設定するために使用されます。ほとんどのパラメータは、Mayaに付属するレンダーエンジンとまったく同じように機能します。詳細についてはMayaドキュメントの「Render

Render Settings/レンダー設定


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

レンダリングの設定では、AMD Radeon ProRenderの主な動作を設定できます。これらの設定により、レンダリングに使用するハードウェアを制御したり、イメージ品質とレンダリング速度のバランスを選択したりできます。

AOVs(Render Pass)


by Syuya Mukai

8月 28, 2020

レンダーパスは、AOV(任意出力変数)と呼ばれることもあり、シーンのさまざまな側面を表現する個別のシェーディング要素のセットに最終出力をレンダリングします。また、直接および間接照明、反射タイプ、アンビエントオクルージョン